タルタルがデザート!?

sylph鯖在籍中の臼樽こと「くらいど」が、日常の出来事(ほとんどネタ)を披露しているブログです。 う~ん、好評なのかはともかく、けっこう続いてます…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

退化途上タルタル…(頭がね…orz)

大変大変w
今週もネタがいろいろあるよ~www



さって、過去に書き上げた記事、いつアップしようか…
( ´ー`)y―┛~~

でもね、ネタがあってもSSあるとは限らないわけで…
ましてやPCに回収忘れた、なんてオチが今日もまたあったわけで…



進歩発達がありませんな、私…orz
むしろ退化してるかも…○| ̄|_

さって、毎度おなじみ週末の出来事をつらつらつら…

金曜夜→臼れべらーげinおそら
土曜昼→…ホルトトでフェローあげ…だったかな?ワンダもやってたかもだけど
土曜夜→クモ神BC!!&臼れべらーげinつき
日曜昼→ワンダやってたかな?wやっとラストの石像だよ…orz
日曜夜→ホンットウに久々に墨上げinりゅうさど~&みっそんお手伝いinでるくふ

そういやワンダネタ記事も、前々に書いたまま、放置しっぱなしになっとるわ…(;´Д`)
まぁエンディングいったらアップしようかのぉ~www

さて、いつもならだいたいここで週末のネタを順々に書いていくわけですが…
困ったことに、今日はそれ以外に小ネタが二つほど…。

①リージョン3国同着1位!!!
昨日の集計結果見たとき、びびりましたw
正直 ( ´゚д゚`)ハァ!?って顔しちゃいましたよw
今まで二国が同位というのはあったけど、まさか3国とは…。
速攻お師匠サマへ
たるお8Bなんじゃこりゃ~!!!w
tellを入れたところ、お師匠サマも
オク石像初めて見たw
とのこと…。
もしやシル鯖初の珍事かというウワサが、私の周りでちらほらと…。
う~ん、個人戦跡のボーナスってやっぱつかないのかな、コレだと…(´゚ω゚`)


②召喚獣の絵がアップされてるwww
っと言っても、ヴァージョンupのじゃなくて、以前紹介したじゃにさんのブログで描かれている絵でつw
前に描かれていたガルーダ姉さんに対して、
私のブログで以前
「タルだけに、あの絵のような状況には絶対なれないあたりが…」
とか書いたわけですが…
まさかこんな結果で戻ってくるとは…。
またまたキレイな絵がきました~ヽ(´ー`)ノ
毎回キレーな絵をありがとでつ~w
(って、ここで言ってどうする、私…orz)
しかもよく考えたら、このコメ書いたのって私のブログへのコメ返答でじゃん…
(((( ;゚д゚)))アワワワワ

なんかもうダブルでありがたいでつ…。゜(゚´Д`゚)゜。


っとまぁいろいろありました次第ですおw

ところで、召喚獣といえば、
かーくんフェンリルイフリー㌧らむぅ
シヴァ姉さんガルーダ姉さんリヴァイアたんたいたん
以上8人いるというのは有名な話(2005年11月までではw)
うち、かーくんとフェンリル以外は星座にもなっているほどw
(イフリー㌧に至ってはクエにも出てくるしw)
星座になっているということは、お空に登ったワケというか伝説っぽいのも当然あるわけで…
って、フツー知ってるのかな?w
私はつい半年前まで知りませんでした!!www
半年前ぐらいに、公式設定資料集買って、初めて知りましたよw
あの本はイイネwww
読み物スキー&ヴァナスキーな人は是非買うべきっつよw

って、本の話じゃねぇ~(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

こほん、召喚獣の伝説ですよねwww
実はこの伝説というか話は、ヴァナディールトリビューンでも書かれていますw
旧ヴァージョンのほうにあったハズなので
「公式資料集なんぞ買いたくナイ!でも話は知りたいぞ~!」
っていう人はバックナンバーを調べなさいですwww

ここでは、私のカンと記憶を頼りに、アッサリとした内容でw
(たぶんかなりの部分で記憶違いが含まれていると思います…(-人-;)(;-人-))

・イフリー㌧
もとは軍人(将軍だったかな?)で、カナーリコワイ人だったらしいw
鬼神イフリートとさえ言われたほど(魔神だったかな?)
ところが、ワケあって孤児の女の子を引き取ったことから、性格が一転、
この女の子をそれこそ溺愛するが…病気だったか事故だったかで、この女の子が他界…。
どうにかして甦らせたいと思ったイフリートさま、死者が訪れるという火山に向かい、そこで娘を取り戻そうとします!
(もうこの火山ってあたりでニヤリとしちゃう私は…誰か【助けて!】)

…あとは各自どっかで読めれww
あのイカツイ姿とは裏腹に、かなり泣ける話です。


らむぅ
ブブリム半島よりさらに東に、今ではもう見る影もなく滅んでしまった国がありましたとさ。
その国では、いわゆる電気みたいなパワーを用いて発展していたんだったかな?w
その力をうまく利用する手段を発明したのが、賢者ラムウ。
ラムウの知識で人々の生活は豊かになったものの、一部でそれを疎ましく思うものの陰謀で、国から追放されてしまうんだったかな。
その後、その国は滅びかけ…



ごめ、ワスレタwwwww
ってか、続きはどっかで読めれww
(こればっかやなw)


シヴァ姉さん
実はシヴァ姉さん、王族ですw
父がどっかの国の王様だったわけですが、王位を狙う宰相だか大臣だかの陰謀で暗殺されちゃうんだったかな。
んで、その宰相の狙いとしては、まだ王位を継ぐには若すぎるシヴァ姉さんを王位に据えて、
自分が国の実権を握ろうとしたわけですなw(よくありがちなネタですなw)
しかぁ~っし、シヴァ姉さん若いながらも難なく政治をこなしてしまい、
宰相の目論見はガタガタ。
しかも国民からの支持も高いときたもんだから、も~不満タラタラ!!
…その後どうしたんだっけかな?w
まぁいろいろあって、シヴァ姉さんを北の地へ追放してしまうわけですわ…。
そしてまんまと実権を握った宰相ですが…
そっから、異常な出来事が相次ぎます…。
その国ではめったに降らない雪が降り続き…

…とかそんな内容の話w
それなりに覚えてるけど、カンな部分がオオスギだな、私…○| ̄|_


ガルーダ姉さん
どこぞの王子の愛鳥の名前がガルーダだっけかな。
えぇ、ホントは鳥っつよw
んで、この王子ですが、病に倒れてもうどうにもならなくなってしまいます…。
これを悲しんだガルーダは、伝説に聞く「鳥の王」(だったと思う)の助けを借り、
この王子を助けようと決意しました。
幾日も幾日も空を飛び続け、王を探すガルーダ…
しかし、ついにガルーダの体力も尽きてしまい…

…ってな内容。
もうね、この話はかなりスキwww
だからもうここまでしか書かないwww
(なのに曖昧にしか覚えてないじゃん!とは言うな…つД`))


リヴァイアたん
どこぞに有能な老船長がおりましたとさ。
もう現役は引退していたものの、船が相次いで失踪という事件が起き、
失踪させている原因は海に巣食うリヴァイアサンのせいだということに…
それを解決すべく、再び海へ出ることになります。
そしてアッサリ失踪した船とその原因を探り当ててしまった老船長。
(当然ながら、リヴァイアサンが原因ではないww)
しかし、これを快く思わなかったのは若い副船長。
彼は今回の事件でリヴァイアサンを退治し、その功績を得ようとしていたわけですな。
そんなとき、偶然にもリヴァイアサンが姿を表し、
即この副船長はリヴァイアサンに一撃いれてしまいます。
そんなことすりゃ、とたんに船なんぞ…っという具合にもう被害甚大な結果に…
老船長は一人リヴァイアサンにトドメを刺し、そのまま海へ…
結局、副船長は生き延び、自分がリヴァイアサンを退治した!
っと豪語し、英雄モードですよ!!
まぁでもそうはいかないもので…

ってほとんど話全部書いちゃったよw
まぁいっかw
たぶんどっか間違ってるだろうしw(←ヲイ!w)


たいたん
むかぁ~しむかし、巨人族と人間が争っていたころのお話…。
(ここで言う巨人族と、いわゆるギガース族は違うものでしょう。たぶん)
巨人族はほとんど滅んでしまい、唯一生き残ったのがタイタン。
でも戦いがあったために、ほとんど虫の息だったところを、人間の女の子に治療してもらい、無事回復。
人間に対し、憎しみを抱いていたタイタンですが、
この女の子に対しては憎しみを抱くことはなく日々が過ぎていきます…
しかしまぁそううまくは話は進みません…

ってことで、ここまでwww(端折りすぎか!?w)
けっこうハショったけど、この話も実はかなりスキ。
いあ、覚えていないわけじゃないんですが、この話はもっと内容が深いんで、
出来ればちゃんと読んでもらいたいかなぁ~っと…(っと逃げてみるw)


全体的に、覚えているのが少ないな、私…orz
やっぱ記憶そろそろヤヴァイか…○| ̄|_
ま、もういい歳だしなw
 (´ー`)y─┛~~

まぁそれはともかく…
この6種の中では私はガルーダ姉さんの話が一番好きかな。
これはちゃんとハッピーエンドに終わるしw
悲劇的だけど、やっぱ外せないのはイフリー㌧とたいたんw
もちろんシヴァ姉さんも外せませんw
逆に、ラムウとリヴァイアたんは、どうも…orz
まぁこんなん個人的好みの話だけどさw

こういう、ちょっとした設定も、知っているかどうかで、
ヴァナの楽しみが膨らむ(かもしれない)と思うので、
興味ある人は召喚獣に限らず、
いろいろと読んでみるといいかもでつwww

(そのテの情報なら、さっき挙げた公式設定資料集、もしくはトリヴューンがいいですよw
この二つを全部目を通すだけで、かなりの内容がわかりますからw)



<余談>
個人的好みついでにもうひとつ…
これは、フェンリルが言っていたセリフなのですが、けっこう気に入ったのでw
歩みを照らす光はないが、光なくとも道はあるのだ
↑一応ウィンMで出てくるセリフなので、念のためネタバレ防止で隠しますが…
まぁこんぐらいなら隠さなくてもよさげな気もするけどね…。
今はもうこの言葉を心に秘めつつ、日々生きてますw
(今年はイロイロあったしね…( ´ー`)フゥー...)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ネタに困っていたので勝手に描いてしまいました…w
もっと丁寧に描けば良かったんですが、雑になってしまい申し訳ない(;´Д`)

くらいどさんをモデルにさせていただいたので、
よかったらお持ち帰りくださいませ(´∀`)ノ

じゃに | URL | 2005年12月06日(Tue)12:38 [EDIT]


>じゃにさん
ネタに困ったなら、じゃんじゃん使ってオッケですよ~w
もともとネタブロg…ごほごほ…
そしてモデルだったんですか!私は…Σ(゚Д゚;!
かなり驚いたとともに、とても感謝でつwww
ホントありがとうございます~w

許可が下りたので、さっそく頂きに伺いますwww

くらい㌧ | URL | 2005年12月06日(Tue)17:58 [EDIT]


3国同時1位は、ホント今まで記憶にないですね。でも、これ結構やっかいなんですよ。というのも、各お店の品揃えが3位のときのものに。しかも、飛空艇の売店から鳥の卵が消えたしヽ(;´д`)ノ

調理人としては、厳しい1週間になりました(´・ω・`)

なお | URL | 2005年12月06日(Tue)21:35 [EDIT]


>なおさん
確かに、ウィンの飛空挺売店で、モコ草と魔法基本セット(だったかな?)しか売られていないのには驚きました…。
これから、アイアンインゴでスキル上げる予定が…orz

調理人にとって、鳥の卵は大切な素材ですからね…。
この一週間、競売で値段が跳ね上がるかもしれないですね…orz

くらい㌧ | URL | 2005年12月07日(Wed)17:41 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。